株式会社ミヤプロLogo
info@miyapro.co.jp 087-851-0515
製版・校正関連
色(特色)・品質管理
  1. ドットゲイン、ベタ濃度管理による標準化。
  2. CTP出力時、個別トーンカーブによる各顧客への品質対応(本番印刷時と校正刷りの色合いの合致)。
  3. 特色のデジタルデータ管理
    • 分光光度計によりカラーチップ等の色見本を測定し、CCMソフトにより高精度のインキ配合を計算。
    • 特色練機による特色インキの自動抽出・特色の精度の標準化。(再校正・再印刷時の品質の統一化)
      インキ配合データをお渡しできるので同じ配合で印刷が可能です。
      ※但し弊社指定のインキメーカー(大日精化、TOKA)となります。
ドットゲイン、ベタ濃度管理

ドットゲイン、ベタ濃度管理による標準化
ドットゲインの社内管理用スケール
ドットゲイン基準値
印刷物上で色を数値化するために基準となるものがスケール1です。必要な部分だけ測ることができる分光光度計(グレタグ濃度計)や、印刷機と連動した測定装置で、読み取った情報を印刷機にフィードバックし、インキを出す量を調整します。
校正工程での色管理
トーンカーブによる出力の合致
印刷機と校正機では構造・工程が異なるため、そのままでは仕上り(ドットゲイン)が合いません。
印刷機においても、機種・使用用途等によりお客様毎の濃度の基準値が異なります。
弊社では、あらかじめお客様と管理用チャートを刷り合せ、測定した濃度(ドットゲイン)を基に、トーンカーブを設定したCTPを出力し本紙校正を行っております。それにより、本紙校正時と本番印刷時の刷り上がりの差異を無くします。
一般的な標準トーンカーブ
弊社印刷機・校正機用トーンカーブ
補正済トーンカーブ
特色のデジタルデータ管理
コンピューター調色支援装置(CCM)の導入
  1. 分光光度計によりカラーチップ等の色見本を測定し、連動しているCCMソフトが、高精度のインキ配合を算出。また、手作業では不可能な刷り出しの高速化を実現。作りすぎ防止や在庫インキの削減にも繋がり、ロスの低減及び安定した品質での印刷を実現。
  2. 特色練機による特色インキの自動抽出・特色の精度の標準化。
    (再校正・再印刷時の品質の統一化)
    インキ配合データをお渡しできるので同じ配合で印刷が可能です。
CCM : GretagMacbeth Ink Formulation 4.0
コンピューターカラーマッチングの略で、インキ配合のデジタル管理を意味します。特色作成時、インキ配合率を完全データ管理することにより、リピート(増刷または再校正)時、色ブレなく安定した品質を維持することが出来ます。
インキ配合率画面
特色練機(調色機)
特色印刷で重要なのは何と言ってもリピート時の色調の合致度合。弊社では特色練機(調色機)及びCCM使用により高精度なインキ調色を実現しており、リピート印刷時において色調の安定したインキの調合が短時間で可能です。 いつでも同じ色調のインキが作成できることにより、印刷機上での色調整時間を大幅に短縮し、印刷機の稼働率アップという面と、損紙・電力等のロスの低減及び安定した品質の製品提供に繋がっています。
CCMと特色練機

Copyright © All Rights Reserved · MIYAPRO Co.,Ltd.